任意売却について

株式会社アライアンス|任意売却について

任意売却とは?

  • 不動産購入
  • 不動産売却
  • 抵当権の設定登記
  • 抵当権の解除

不動産を購入する場合、金融機関で住宅ローンを組むと同時に、
抵当権の設定登記がされます。

不動産売却する時は、この抵当権の解除をしてもらえないと売却ができません。今、残っている住宅ローンの残高より高い金額で無事に売却ができた場合、問題はありませんが、住宅ローンの残高よりも低い金額でしか売却が出来なかった場合は、抵当権の解除はしてもらえません。

このような場合は、売却活動をはじめる前に債権者または、抵当権者の承諾を得た上で進める事となります。物件を売却し、尚かつ返しきれなかった債務を残して、抵当権の抹消、及び販売を進める方法を任意売却といいます。

このようなお客様、アライアンスへ任意売却をご相談ください
悩む女性|株式会社アライアンス|取手市の不動産
  • 住宅ローンの返済が難しくなった!!


  • お家を売っても、残りの住宅ローンを全部返済できない!!


  • 今のお家の売れる価格よりも住宅ローンの残高の方が多い。


  • 共働きだったが、離婚したため住宅ローンが返済できなくなった。


  • 税金の滞納により不動産に差押がついた。


  • 競売開始決通知が届いた。競売・差押になりかかっている。

任意売却の流れ

  • まずはご相談ください

    フリーダイヤル / 0120-888-384
    or
    メール /info@alliance.co.jp

  • 現在の状況を把握します

    ご来社、またはご自宅に
    お伺いさせていただき、
    現況のヒアリングを致します。

  • 不動産の査定と調査

    近隣の成約事例等
    参考に調査し、いくら位で
    売れるのかご提案します。

  • 販売活動をはじめます

    インターネット広告等を通して
    販売活動をはじめます

  • 債権者とアライアンスが
    交渉します

  • ご依頼者様とアライアンスが
    媒介契約を交わします

  • 購入希望者を見つけます

  • 債権者の同意を得ます

  • 不動産の売買契約を交わします

    ( 売主様・買主様 )

  • ご依頼者様の
    新しい生活がはじまります

  • 売買代金を支払・受領します

    残りの住宅ローンを
    債権者に返済します

  • 物件のお引渡しをします

任意売却と競売の違いは?

例 )市場で売れそうな物件価格が2,000万円。残っている住宅ローンの残高が2,500万円?!

任意売却の場合
  • アライアンスに相談。
  • 任意売却をご提案する。
  • 市場価格の8割・9枠程度の売却
    残った債務は500万だが、無理のない程度で
    債権者と協議の上、分割で返済します。
  • 引越代等、受け取れるよう債権者と交渉します。
  • もちろん、引越先のお手伝いもいたします。
競売の場合
  • 裁判所から通知が届きます。
  • 競売になり、広く知られてしまいます。
  • 市場価格の6割程度まで下がって落札されます。
    残った債務は1,000万!!
    自己破産になる可能性が大きいです。
  • 残った債務の取り扱いはご自身で方法を見つけなければ
    なりません。
あなたの新しいライフスタイルのスタートをアライアンスは親身になってお手伝い致します。
まずは、第一歩を踏み出しましょう!!